読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富山みこし ~ あなたへ / 高倉健

f:id:ueno-kenji:20161126094523j:image

富山刑務所で受刑者が作っている「富山みこし」

幸い刑務所には、お世話になった事は無いのでどんな気持ちで作っているのかわからない。

 

富山みこしを見ると、高倉健さんの最後の主演作品となった「あなたへ」を思い出します。

亡くなった奥さんの遺言を、一生懸命にやりとげる姿に、いろいろ考えさせられた映画でした。

 

あらすじ

富山の刑務所で指導教官を務める倉島英二に、亡くなった妻・洋子から届いた絵手紙。そこには今まで知らされることの無かった“故郷の海に散骨して欲しい”という洋子の想いが記されていた。洋子の遺言は依頼人により、平戸の郵便局に7日間保管されていた。亡くなった洋子の真意を知るために、故郷へ向けて自分で内装をしたワンボックスカーで、一人旅を始める英二。その旅は富山[4]から始まり飛騨高山、京都、大阪、竹田城、瀬戸内、下関、北九州市の門司、そして洋子の故郷である長崎県平戸の漁港・薄香へと続く。風光明媚な地で出会うさまざまな人々と、さまざまな人生。出会いと別れ。そしてそれは、英二が洋子の深い愛情に改めて気付かされる旅でもあった[5]。「このみちや いくたりゆきし われはけふゆく 種田山頭火」。

 



 

 

決して入りたいわけじゃないけど、

ちょっと気になります。

富山刑務所

 

 

あなたへ [ 高倉健 ]

あなたへ [ 高倉健 ]